お知らせ

イベント情報

松竹大谷図書館
2018/4/27更新
《GW中休館のお知らせ》

平成30年4月28日(土)~5月1日(火)休館
平成30年5月 3日(木)~5月6日(日)休館
※5月2日(水)は通常通り開館致します

2018/4/27更新
閲覧室所蔵資料展示
「大谷竹次郎五十回忌 -松竹大谷図書館開館六十周年記念-」展のお知らせ

公益財団法人松竹大谷図書館は、松竹株式会社の創業者の1人・大谷竹次郎が昭和30[1955]年に文化勲章を受章したのを記念して、昭和31[1956]年に設立した演劇と映画の専門図書館です。昭和33[1958]年7月1日に開館し、2018年に開館60周年を迎えます。

また本年は、昭和44[1969]年12月27日に92歳で逝去した大谷竹次郎の50回忌にあたる年でもあります。
大谷竹次郎は、明治10[1877]年12月13日、双子の兄・白井松次郎とともに京都に生まれました。「松竹」という名は会社を創業した松次郎と竹次郎、2人の名に由来しています。松竹は、大谷竹次郎が京都新京極阪井座の仕打(興行主)となった明治28[1895]年の創業以来、日本の演劇・映画界を牽引してきました。
その功により昭和30年に文化勲章を受章した際、大谷竹次郎は「この文化勲章は、私個人がもらったものではなく、演劇、映画界全般が受章したものだ」と考えたことが、松竹大谷図書館という、一般に公開された演劇・映画の専門図書館の実現につながりました。

この節目となる年を記念して、今回は松竹の創業者の1人であり、当館の設立者でもある大谷竹次郎に関する資料を展示します。

展示期間:2018年 4/27(金)~ 6/27(水)
展示場所:松竹大谷図書館 閲覧室(ホームページはこちら)

TOP