まちかど展示館

Voice Guide

  • ENGLISH
  • 한국어
  • 中文

ゆかた博物館管理者:三勝株式会社(平成23年度認定)

ゆかたの本場に残る精緻な意匠

時代に流されず守り抜いた技法

江戸時代から日本の夏を涼しげに彩ってきた「ゆかた」は、さっぱりとした着心地で湿度の高い日本の夏にぴったりの衣料です。ゆかたの本場は東京であり、とくに中央区日本橋界隈は、繊維問屋街として発展してきました。『ゆかた博物館』も地下鉄人形町駅から徒歩2分ほどのところにあります。明治から平成までのゆかたの変遷のほか、貴重な資料が数多く展示されています。
手がけているのは明治27年(1894年)創業のゆかた製造卸「三勝」です。同社は、化学染料や新しい染色技法など、合理的に着物をつくることが流行した時代に妥協せず、手作業による江戸からの染色技法にこだわり続けてきました。

木綿を染める人間国宝の技

三勝の妥協しないものづくりの中心人物が、専属の染職人だった清水幸太郎さんです。彼は卓抜した技術から昭和30年(1955年)に重要無形文化財に指定されています。その技法は江戸時代から伝わる「長板中形(ながいたちゅうがた)」というもの。これは型付けに6mほどの長板を用い、生地の表裏両面に型を置いて細かな柄を継ぎ目なく染色するものです。表裏の文様を合わせる修練が必要なうえ、小紋より二倍手間がかかるという技法です。しかも木綿という素材の性格から普段着としての認識しかなく、高価にはならず、職人が次第に減少していったそうです。しかし、藍一色のみで染め柄を引き立て、歩いた時には裏の柄が見え隠れする、そんな長板中形の美しさが、まさに江戸の粋そのものだといいます。展示館にも清水幸太郎さんの精巧無比な作品をみることができます。繊細で上品な江戸好みの柄には誰もが目を見張ることでしょう。

ゆかたに関する解説付き

展示はこのほか、明治・大正・昭和、時代別の反物、ゆかたの染め行程、染色の道具類、横綱白鳳などの相撲ゆかた、落語家誂えのゆかた。あるいは大正時代の雑誌やポスターなど、多彩な内容です。
「この界隈の多くの問屋は戦災で焼失していまい、保存状態が良い浴衣がこれだけそろっているのはとても貴重なこと」と胸を張るのは館長の清水敬三郎さん。敬三郎さんは人間国宝だった清水幸太郎さんの三男で、父に続いて同社に入社した勤続65年のゆかたのプロ。同館は予約制で、スタッフの解説がつきます。運が良ければ敬三郎さんの貴重な話が伺えます。

お話を伺った方

館長清水 敬三郎さん

■展示館インフォメーション
ゆかた博物館管理者:三勝株式会社(平成23年度認定)
住所 東京都中央区日本橋人形町3-4-7地図 開館日 月〜金曜日(祝日・年末年始等を除く)
訪れる際には事前の予約が必要です
電話 03-3661-8859(10:00~17:00) 開館時間 ①15:00〜
②16:00〜(2部制・解説付)
HP http://www.sankatsu-zome.com/ 最寄り駅 人形町駅A5番出口 徒歩2分
まちかど展示館一覧に戻る

TOP