お知らせ

イベント情報

松竹大谷図書館
2020/7/6更新
国立映画アーカイブ「松竹第一主義 松竹映画の100年」のお知らせ

2020年7月7日より、国立映画アーカイブにて「松竹第一主義 松竹映画の100年」が開催されます。松竹大谷図書館は、この展覧会に、小山内薫率いる松竹キネマ研究所第一回作品『路上の霊魂』1921年(大正10年)の台本など、貴重な資料を展示提供しております。

日本映画界を牽引し、多くの名作を世に送り出してきた松竹の100年にわたる歴史を、様々な資料を通して知ることができる展覧会です。是非ご覧ください。

展覧会名:「松竹第一主義 松竹映画の100年」
https://www.nfaj.go.jp/exhibition/shochiku2020/
会期:2020年7月7日[火]-8月30日[日]※月曜日は休室です
会場:国立映画アーカイブ展示室(7階)
国立映画アーカイブ URL:https://www.nfaj.go.jp/

2020/7/6更新
閲覧室所蔵資料ミニ展示「原節子」展のお知らせ

原節子といえば小津安二郎監督の作品での演技がよく知られていますが、黒澤明、木下惠介、成瀬巳喜男など多くの名匠の作品にも出演しており、そのフィルモグラフィーは華やかです。また、15歳でのデビュー作『ためらふ勿れ若人よ』(1935年)から、最後の出演作となった『忠臣蔵 花の巻 雪の巻』(1962年)まで、28年間で約110の作品に出演していますが、そのうち戦前の作品がほぼ半数を占めており、戦前から常に第一線で活躍してきた映画女優であることがわかります。今回展示した様々な作品のスチール写真でも、その多彩な表情を見ることができます。その他に、台本やプログラム、プレスシートなどを展示いたします。

展示期間:2020年 6/1(月)~8/14(金)
展示場所:松竹大谷図書館 閲覧室(ホームページはこちら)
※現在、入館は予約制となっております。展示をご覧になる場合も、ご予約の上ご来館下さい。
※開館日につきましては、状況の変化にともない変更の可能性があります。随時当館のホームページをご確認下さい。また、お電話でもご案内いたしますので、ご来館前にお問い合わせ下さい。
松竹大谷図書館
TEL 03-5550-1694(平日:10時より16時 ※短縮しています)

TOP